読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 札幌パルコ店 シマブロ

島村楽器 札幌パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

大喜多崇規(Nothing's Carved In Stone)  澤村小夜子(ねごと)ドラムセミナー「Through the Tone」を開催しました

f:id:shima_c_sapporo:20150629131343j:plain

ドラムセミナーを開催しました

去る2015年8月2日(日)に、「Through the Tone」と題して大喜多崇規さん(Nothing's Carved In Stone)、澤村小夜子さん(ねごと)のお二人によるドラムセミナーを開催しました。今、大活躍中のドラマーお二人をお招きするとともに、セッティングから見学、体験できるという今までに無いメニューも盛り込んだドラムセミナー。その模様をご紹介いたします。

セッティング

札幌でも老舗中の老舗ライブハウスベッシーホールが会場です。

f:id:shima_c_sapporo:20150808180411j:plain

この日使用する機材がずらり。これをみなさんで組み立てます。わかりやすいように、ケースに貼ったラベルは赤と青で色分けされ、そのラベルに中身が書いてあります。

f:id:shima_c_sapporo:20150808180642j:plain

SAKAEの辻さんの指導の下、ケースから取り出し組み立てていきます。

f:id:shima_c_sapporo:20150808180743j:plain

ドラム経験者でない方でも、ドラム経験者さんの助けを借りて、スムーズにセッティングが進んでいきます。

f:id:shima_c_sapporo:20150808180858j:plain

大喜多さんのセッティングのお手伝い。プレイヤーさんがセットに座り、もう一人がサポートする、という方法がいちばん速く、確実にセッティングが進みます。

f:id:shima_c_sapporo:20150808181026j:plain

小夜子さんがスネアドラムのチューニングをしています。ヘッドの感触を指で確かめながら、テンションボルト近くのピッチを調整する方法で手早く音を作っていました。

f:id:shima_c_sapporo:20150808181203j:plain

大喜多さんのチューニング。ヘッドの中央を指で押さえて、各ボルトのピッチを確かめながらチューニングしています。

f:id:shima_c_sapporo:20150808181357j:plain

SAKAEの辻さんによる最終調整。

f:id:shima_c_sapporo:20150808181607j:plain

ドラムセット

大喜多崇規さん(Nothing's Carved In Stone)

f:id:shima_c_sapporo:20150808181735j:plain

SAKAE The Celestial シリーズ
  • バスドラム 22”×16”
  • サブバスドラム 18”×14”
  • 14”×5.5”ブラス スネアドラム(SDM1455BR)
  • 12”×5”メイプル スネアドラム(SD1250MA オーシャンラッカー)
  • 10”×7”タム
  • 12”×8”タム
  • 14”×12”フロアタム
  • 16”×14”フロアタム
シンバル パイステ(L→R)
  • Twenty Custom Metal China18"
  • Twenty Custom Metal Hihat14"
  • Twenty Custom Full Crash18"
  • 2002 Splash12"
  • Twenty Custom Metal Ride22"
  • Twenty Custom Metal Crash18"
  • Alpha 14China+Twenty Hihat13”(重ね)
  • 2002 Novo China18"

(大喜多さんのシンバルのセットアップには、現在入手困難な廃番品が含まれています)

スティック
  • シグネイチャーモデルスティック(プロトタイプ)

澤村小夜子さん(ねごと)

f:id:shima_c_sapporo:20150808183403j:plain

SAKAE The Almighty シリーズメイプル
  • 22”×18” バスドラム 
  • 14”×6.5”アルミ スネアドラム(SDM1465AL)
  • 10”×7”タム
  • 12”×8”タム
  • 16”×14”フロアタム
シンバル ジルジャン(L→R)
ペダル
  • ソナー パーフェクトバランスペダル(SN-PB)
スティック
  • wincent W-55F+グリップテープ

ドラムセミナー

f:id:shima_c_sapporo:20150808184232j:plain

大喜多さんの演奏からスタート。正確であることはもちろんのこと、曲に命を吹き込むかのような大迫力の演奏で盛り上がります!

f:id:shima_c_sapporo:20150808184323j:plain

大喜多さん自ら曲やパターンの解説をしてくださいます。
そして、次の曲のリズムパターンがどのように考えたか実演しながら解説してくださいました。
曰く、「俺のボサノバ」
伝統的なボサノバのパターンをもとに大喜多さんなりに発展させていったとのこと。よくあるパターンに大喜多さんのエッセンスを加えていくことで唯一無二のオリジナルなパターンに仕上げていく様子がよくわかりました。みなさんも、オリジナルなパターン作りの考え方の参考にしてみてはいかがでしょうか。
このパターンを使った曲の演奏は、大喜多さんらしいハイハットの両手16分刻みが印象的。スピード感とキレの良さがカッコいい!

f:id:shima_c_sapporo:20150808184402j:plain

大喜多さんの紹介で小夜子さん登場。迫力あるサウンドと、流れるようなグルーヴが気持ちいい!
特にライドシンバルで刻む時の踊るような身体の動きが印象的です。このフォームの秘密は、「テンポキープ、リズムキープするために、のどの下あたりの骨を揺らすように動かすイメージ」だそうです。
「ドラムは自分で気づけるかどうかが成長のポイント」という言葉が印象的でした。

f:id:shima_c_sapporo:20150808184440j:plain

大喜多さんと小夜子さんのトーク中。
ライブ中、ドラマーは他のメンバーを包むような意識でバンドを支えるというお話しで意気投合。やはりドラマー気質というものはあるのでしょうね。

f:id:shima_c_sapporo:20150808184507j:plain

SAKAEドラムの辻さん登場。今回のイベントタイトル「Thorough the Tone」は、音を通じて何かを感じ取ってもらいたい、という願いから付けられたそうです。
今回のセミナーで大喜多さんが使用しているSAKAEドラムの新シリーズ「Celestial」シリーズは、Almightyをベースにしながらも、周波数的に欠けている部分を無くす様に作られており、そのため他にはない芯のあるサウンドを実現しているとの説明に、みなさん納得した様子で聞き入っていました。
ドラムのメーカーさんが、どういう狙いでドラムを作っているかというお話を聞けるのもドラムセミナーの楽しみのひとつですね。

f:id:shima_c_sapporo:20150808184533j:plain

f:id:shima_c_sapporo:20150808184559j:plain

大喜多さん+小夜子さんトーク&セッション
練習方法のお話しでは、
小夜子さん「自主練習は好きではないのだけれど、ハイハットで色々なリズム(4分→8分→3連→16分→等)を刻むというのをずっとやっていました」
大喜多さん「13歳で吹奏楽を始めてから、最初の3年間は僕もそれと同じ練習をやりました。その練習に青春を費やした(笑)」
最後にお二人それぞれの曲でセッションして、セミナーは終了となりました。

サイン会

f:id:shima_c_sapporo:20150808184626j:plain

終了後にはサイン会も実施。お二人一緒のサインは一生の記念になりますね。

ご来場ありがとうございました

さて、約2時間にわたり丁寧に説明してくださった大喜多さん、小夜子さん。
たいへん丁寧に説明してくださって、わかりやすい、という声を参加者さんからたいへん多く挙がっていました。
普段、何千人、何万人の観客の前で演奏しているアーティストが目の前で演奏してくれる迫力は、ドラムセミナーならではのものです。
ドラムを演奏する方は、その音はもちろん、フォーム、姿勢、演奏、楽器に対する考え方など、参考になることばかりだったのではないかと思います。
また、ドラム未経験の方も、今回をきっかけに、ドラム、音楽、バンドの楽しさにより深く触れるきっかけになればうれしく思います。
お二人が使っていたサカエのドラムについて、メーカーの方のお話を聞く機会はそうそう無いことですので、ドラムづくりにかける熱意と、アーティストとの結びつきなど、普段触れることが出来ない面にも触れることが出来、大変興味深いものでした。
今回のセミナーが、参加してくださったみなさんが、よりよい音楽人生を送るお手伝いになれば幸いでございます。参加してくれた皆さん、大喜多さん、小夜子さん、そしてサカエドラムの辻さん、スタッフさん、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

サカエドラム セミナーツアー

今後、全国各地でセミナーとイベントが開催されます。お近くの方はぜひご参加下さい。詳細はこちら

担当

店舗名 札幌パルコ店
TEL 011-214-2391
担当 トリヅカ
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.